長野市茶臼山動物園

全国

長野市茶臼山動物園のイメージ

動物園は、長野市制80周年の記念事業の一環として昭和58(1983)年8月8日に開園しました。動物園のある茶臼山公園一帯は、長野市街地南西部のなだらかな丘陵地帯に位置し、植物園や恐竜園、マレットゴルフ場もあり、野外学習やレクリェーションなど市民の憩いの場として親しまれています。

動物園は茶臼山の緑豊かな森の中にあって、動物たちをより身近に自然な状態で見られるように目指しており、希少動物の保護増殖にも努めています。特にレッサーパンダの飼育と繁殖については国内屈指で、シセンレッサーパンダの飼育頭数は全国一を誇っています。毎年6~7月にはかわいらしい赤ちゃんも誕生しています。ほかにもライチョウやサンショウウオなどの地域の野生動物の保護活動にも力を入れています。
また多くの人に、動物とふれあい、動物をより身近に感じてもらうために、動物とのふれあいイベントや裏側探検、飼育体験、工作会などの様々なイベント活動を行っています。8月の夜間開園や4・10月の動物園まつりなどの季節イベントもご好評いただいております。動物園のホームページからは、これらイベント情報のほか、動物のライブ映像や動画コーナーなどもご覧いただけます。
なお、動物園の眼下には雄大な善光寺平の景色が広がり、その向こうには菅平高原や志賀高原と四季折々の大パノラマが眺望できるのも魅力です。

【開園時間】春~秋(3/1~11月末)9:30am~4:30pm 【券売終了時間4:00pm】
冬季間(12/1~2月末) 10:00am~4:00pm【券売終了時間3:30pm】
【休園日】12月1日~2月末日までの毎週月曜日(休日に当たる場合はその翌日)及び12月29日~12月31日
【入園料】大人600円(500円)
小中学生 100円(80円)
※( )は有料入園者30名様以上の団体の場合。

※入園料の減免について
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を保有している方は、入園時に売札所で手帳を提示していただければ、本人及び介護人1人(車椅子の場合2人)は無料となります。

【その他】(駐車料金)無料 (690台)
(ベビーカーレンタル) 1台200円
(ベビーベット) 各トイレ内に設置
※南口トイレ・北口トイレ・子供動物園横トイレ)
(身体障害者用トイレ) 南口トイレ、北口トイレ
(授乳室)北口
(レストラン)なし

※動物やペット同伴でのご入園はできません。
(盲導犬、聴導犬またはそれに属するものは除きます。その場合は、ご入園時にお申し出ください。)

【お客様へのおねがい】
・発熱や咳、つよい倦怠感等の症状のある方は 入園を控えてください
・ご入園の際は、マスクの着用や咳エチケット 及び手洗いの励行をお願いいたします
・入園口の消毒マットを踏んでからご入園いた だきますようお願いいたします
・密集・密接とならないようソーシャルディス タンス(1m~2m)を保ってください
・安全確保のため、職員が皆様に協力を要請す る場合がありますので、ご了承いただきます ようお願いいたします

【新型コロナウイルス感染防止への取り組み】
・換気に努め、密閉空間が生じないように工夫 しております
・園内設備の消毒に努めております
・スタッフは毎日健康チェックを行い、マスク を着用しております
・園内イベントは中止しております
・一部、動物との距離を空けるようにしている 場所があります (人から動物へ感染する可能性があります)

ツアーの参加にはアプリが必要です。アプリをインストールしてツアーコード「00993」で検索してください。
アプリを利用すると、デジタルスタンプラリーやフォトブックなどが楽しめます。事故やケガに備えて100円で最大1億円の保険も加入できます。

猛獣舎

その他の地域

猛獣舎のイメージ

猛獣舎のいつもの光景。
午後3時からのゴハンが終了すると決まって2頭のライオンが吠え出します。
でも、カメラを向けたらやめてしまいました。

アフリカ平原

その他の地域

アフリカ平原のイメージ

キリン、シマウマ、シロオリックス。アフリカのサバンナに生息する草食動物たちが仲良く暮らしています。じっくりと観察して、それぞれの個別を比べてみるとオモシロいですよ。

子供動物園

その他の地域

子供動物園のイメージ

ウサギやモルモット、ヤギなど子供たちに人気のカワイイ動物たちがいっぱい。さわったり、だっこしたり、仲良く遊んであげてください。
※午後4時終了

フライングケージ

その他の地域

フライングケージのイメージ

フライングゲージでは、オシドリ、ジュズカケバト、ツクシガモなどが生息している姿をゲージ内の通路から観察できます。

レッサーパンダの森とおうち

その他の地域

レッサーパンダの森とおうちのイメージ

生息地に近い緑豊かな森を再現した「レッサーパンダの森」では、エサを食べたり、木に登ったり、草地を歩き回ったりしている行動を間近で観察できます。
時には、お客さんの顔を伺うように近くまで寄ってきて、愛らしい表情も見せてくれます。
特に、木の上に登って4本の肢を垂らしながら寝ている姿や、2本肢で立って周りの様子を観る仕草は、レッサーパンダの最大の人気の要因にもなっています。
また、レッサーパンダを上下左右360度あますところ無く観察できる「レッサーパンダのおうち」は、季節、天候に関係なく1年中観察できる人気施設です。
運が良ければ、渡り橋からレッサーパンダがのぞき込んできて、可愛らしい表情を間近で撮影できます。
「レッサーパンダの森とおうち」は、絶好の記念撮影スポット!!映える写真を撮りまくろう!!

モノレール

その他の地域

モノレールのイメージ

北口モノレールは、動物園北口駐車場に隣接する「茶臼山中央駅」から「動物園北口駅(動物園北口券売所前)」へと向かう全長約176m、高低差約37mのモノレールです。約4分の乗車時間で、善光寺平の大パノラマをお楽しみいただけます。

【運行場所】茶臼山中央駅(動物園北口駐車場)~動物園北口駅(動物園北口券売所前)
【所要時間】片道約4分
【料金】小学生以上片道100円
   ※料金の減免について
   身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を保有している方は乗車
   時に係員に手帳を掲示していただければ、本人及び介護人1人(車椅子の場合2人)
   は無料となります。
【運行時間】3月から11月まで 9:15~16:45 (北口からの最終便16:40)  
      12月から2月まで 9:45~16:15 (北口からの最終便16:10)
【その他】運休日…動物園の休園日と同じ
     (※保守点検等、臨時運休日あります。)
     定員…25名(車椅子の場合は3台まで)

小獣舎

その他の地域

小獣舎のイメージ

小獣舎では、ホンドタヌキ、ニホンアナグマ、ビントロング、アライグマが観察できます。
野生のホンドタヌキは夜行性。動物園では運動場に出て木の洞に出入りしたり、天気が良ければ寝転んで日向ぼっこしてる姿を観察できます。
マンホールの中が大好きなアライグマのカール。自分でマンホールを開けて中に入り、蓋をきっちりと閉めるのが得意。
ほぼ1日マンホールの中で過ごします。運が良ければ、得意技が観れるかも。
ビントロングはお尻付近にある臭腺から独特の匂いを出します。その匂いはポップコーンの香りに似ているとされています。

※小獣舎に行くとアライグマのカール君が動画が見れるよ!!

ピクニック広場

その他の地域

ピクニック広場のイメージ

園内で遊び歩き疲れたら、ピクニック広場でお弁当を広げてゆったりと。近くには、小さなお子様に大人気の「ゾウさん滑り台」もあるよ。

カメ舎

その他の地域

カメ舎のイメージ

大型のアルダブラゾウガメ、ケヅメリクガメを始め、ヒョウモンガメやホウシャガメなどが共同で生活しています。水槽では、珍しいカミツキガメ、ワニガメを観察することができ、また、貴重な在来種ニホンイシガメの展示も行っています。夏季には、カメのエサやり体験などを行います。

レクチャールーム

その他の地域

レクチャールームのイメージ

毎年、夏の企画展では里山に暮らす身近に生息している動物たちや、絶滅の恐れのある動物などにスポットをあて詳しく解説する企画展を開催。また、1月から3月までは、普段展示されていないバックヤード飼育されている「ボールニシキヘビ」「レッドテグー」などを公開します。

ふれあい広場

その他の地域

ふれあい広場のイメージ

ポニーとアルパカと触れたり、エサやりしたりできる広場です。

売店

その他の地域

売店のイメージ

茶臼山動物園オリジナル商品が大人気!
当園飼育員監修 ウォンバット「モモコ」ぬいぐるみ 3,060円(税込)
茶臼山動物園プリントクッキー 600円(税込)
茶臼山動物園たまごせんべい 500円(税込)