すながわスイートロードとおすすめスポットをめぐる旅

北海道

すながわスイートロードとおすすめスポットをめぐる旅のイメージ

砂川市周辺はかつて炭鉱が栄えており、炭鉱で働く人たちの疲れを癒す甘いものが好まれてきました。砂川市には今も国道12号沿いを中心に菓子店舗やカフェが広がっています。
「すながわスイートロード」と呼ばれるこのまちでは、各店の個性が光るおいしいスイーツがそろっています。

ツアーの参加にはアプリが必要です。アプリをインストールしてツアーコード「34565」で検索してください。
アプリを利用すると、デジタルスタンプラリーやフォトブックなどが楽しめます。事故やケガに備えて100円で最大1億円の保険も加入できます。

岩瀬牧場

その他の地域

岩瀬牧場のイメージ

牧場に隣接する絶品ジェラート店。一番人気の「しぼりたて」や定番の「ストロベリーミルフィーユ」季節のシャーベットを組み合わせて召し上がれ。ご来店のたびに新しい味を体験できます。

Donut cafe 豆豆。zuzu

北海道砂川市

Donut cafe 豆豆。zuzuのイメージ

「ドーナツ」は毎朝、生地を作り発酵させ、ひとつひとつ丁寧に作っています。お店ではドーナツのほかにドリンク・マフィンや手作り雑貨&イギリス雑貨等もありますので気軽に遊びに来てください。

いよだ

北海道砂川市

いよだのイメージ

道産もち米に砂糖、しょうゆ、クルミを加えじっくり蒸した逸品の「きぬたもち」。変わらぬ味で古くから愛されているお菓子です。昭和30年3月全国菓子観光大博覧会において名誉総裁賞を受賞。

カフェ ポレポレ

北海道砂川市

カフェ ポレポレのイメージ

独自のサクサク館が人気の「ケーキラスク」は、卵白を使ったパウンドケーキをスライスして焼き上げた逸品!店内では人気のポレポレ特製パスタやカレーもお召し上がりいただけます。

Life

北海道砂川市

Lifeのイメージ

ナッツたっぷりの固焼きクッキー「ビスコッティ」は、ザクザクの食感で食べ応えあり。ホットコーヒーに浸して食べるのがおすすめの食べ方です。店内ではインテリア雑貨も取り扱っています。

cafe 笑飛巣

北海道砂川市

cafe 笑飛巣のイメージ

自家製ラムレーズン入りの芳醇な「ベイクドチーズケーキ」や日替わりランチ、ドリンクも充実。600グラムのポークチャップは圧巻です。cafe笑飛巣は、障がいを持ちながら就労の機会に恵まれない方たちと運営しているお店です。

ナカヤ菓子店

北海道砂川市

ナカヤ菓子店のイメージ

昭和23年創業、街のお菓子屋として親しまれているちいさなお店。3代目が平成9年より発売した「アップルパイ」は砂川だけでなく道内外からも買いに来るほどの人気商品!

吉川食品

北海道砂川市

吉川食品のイメージ

こだわりの自家製餡が好評の小倉おはぎをはじめ、きなこおはぎ、ごまおはぎ、こしあんおはぎやずんだおはぎなど様々な商品を製造しています。直売所へお越しください!

北菓楼 砂川本店

北海道砂川市

北菓楼 砂川本店のイメージ

ふんわりしっとりの「バウムクーヘン 妖精の森」をはじめ、北海道の自然が生み育んだお菓子を作る北菓楼の砂川本店。ショップ、喫茶店フロアにて語らいのひとときをお手伝いしています。

北海道子どもの国

その他の地域

北海道子どもの国のイメージ

北海道子どもの国は232.5ヘクタールの広大な自然の中に世界7不思議が縮小されて道具になった「ふしぎの森」。公園には貴重な植物や野鳥、昆虫なども多く自生してます。キャンプ場もあるので親子で自然を満喫することができます。

【電話番号】0125-53-3319
【開催期間】4月下旬~11月上旬
【営業時間】9:00-17:00

【引用元】砂川市 公式観光パンフレット
https://www.city.sunagawa.hokkaido.jp/kankou/files/P.9-10.pdf

ほんだ

北海道砂川市

ほんだのイメージ

一番人気の「林檎ロマン」は、北海道産のバターや小麦粉を使用したサブレで、林檎の果肉が入ったホワイトチョコクリームをサンドするなど、ひとつひとつの素材を最大限に活かしたお菓子です。

プチ・トリフ山屋

北海道砂川市

プチ・トリフ山屋のイメージ

大理石の粉砕機で皮を剥いた生アーモンドを粉にして自家製アーモンドプードルを作り、香り豊かでソフトな食感の「マカロン」をひとつひとつ手作りしています。手作りパンも絶品です。

あまとうみに

北海道砂川市

あまとうみにのイメージ

あずきの優しい風味と抹茶のほろ苦い味がおいしい「抹茶パフェ」やレジェンドの「クリームパフェ」ほか、疲れが飛ぶ甘味が自慢。一押しメニュー「すながわポークチャップドッグ」も味わってみてください。

カフェくるみる

北海道砂川市

カフェくるみるのイメージ

自慢の「レアチーズケーキ」や手作りのパン、バラエティー豊富な食事を楽しめるカフェ。カフェくるみるは、社会福祉法人くるみ会が運営する『障害者自立支援施設くるみ』の就労支援施設のひとつです。

CAFE MEDERU

北海道砂川市

CAFE MEDERUのイメージ

「しっとりスコーン」「ふんわりスコーン」は、道産小麦・バターを使い、甘みはきび砂糖で。店内でジャム、クリーム、ドリンクとセットでお召し上がりいただけますが、テイクアウト販売もしています。

SHIRO砂川本店

北海道砂川市

SHIRO砂川本店のイメージ

甘酸っぱいルバーブのジャムを添えたパンケーキが大人気のカフェは、自然光がたっぷり入る開放的な店内。2Fでは

季の庭 YA-YELL

北海道砂川市

季の庭 YA-YELLのイメージ

オアシスパークが一望できる静かな庭で、砂川産の自然有精卵で作る「季節のプレート」や「ソフトクリーム」など、季節限定スイーツを召し上がれ。変わりゆく季節を見て・食べて楽しむ癒しの隠れ家です。

砂川オアシスパーク

北海道砂川市

砂川オアシスパークのイメージ

水上ではヨットやカヌー、釣りなどを楽しめます。また、池の周囲を周る歩道は、自然散策やバードウォッチング、ジョギングや犬の散歩など思い思いに過ごす憩いの空間となっております。管理棟は休憩所として自由にご利用いただけます。

【電話番号】0125-52-3141

【引用元】砂川市 公式観光パンフレット
https://www.city.sunagawa.hokkaido.jp/kankou/files/P.9-10.pdf

砂川ハイウェイオアシス館

その他の地域

砂川ハイウェイオアシス館のイメージ

旅の疲れを癒すオアシス
「北海道子どもの国」内にあり、館内には地元の食材を使ったお店や、道内の有名土産が一堂に揃う、ショップ、新鮮野菜や空知の様々な特産品が集められた産直市場そらいちマーケット、さらには空知のご当地グルメを味わえるレストランもあります。【引用元】砂川市 公式観光パンフレット

【電話番号】0125-53-2460
【営業時間】5月~9月 09:00-19:00
  10月9:00-18:00

【引用元】砂川市 公式観光パンフレット
https://www.city.sunagawa.hokkaido.jp/kankou/files/P.9-10.pdf

北光公園

北海道砂川市

北光公園のイメージ

砂川市民の憩いの場として親しまれている北光公園は、サクラやツツジ、シラカバなど、105種11,000本の樹木に包まれ、春はサクラ、夏はヨット・カヌー、釣りの名所として知られています。毎年5月の第3日曜日に開催される「すながわ緑と花の祭典」では、砂川市内外から多くの人たちが訪れ賑わいます。また愛犬家の方にはうれしいドッグランも併設しており、ご家族で楽しむことができます。

【引用元】砂川市 公式観光サイト
https://www.city.sunagawa.hokkaido.jp/kankou/2018-0315-1526-45.html

まちなか集客施設 SuBACo(スバコ)

北海道砂川市

まちなか集客施設 SuBACo(スバコ)のイメージ

「SuBACo」とは
Sunagawa(スナガワ)
Bank(バンク)
Art(アート)
Communication(コミュニケーション)
の略です。

ここで新しいつながりが生まれ、育ち、巣立っていく。

商店街と消費者、大人と子どもなど、さまざまな人と人がつながり、集いがここから生まれ、SuBACoの外へと広がっていき、中心市街地への人の回遊を生み出すことを目指す情報発信施設です。

現在地域おこし協力隊員が常駐しています。

【電話番号】 0125-74-4885

【引用元】 砂川市 公式観光サイト
https://www.city.sunagawa.hokkaido.jp/sangyou/shoukou/subaco.html

カフェ ルリ

北海道砂川市

カフェ ルリのイメージ

美容室から改装しオープンした、懐かしさ残るカフェです。店内は美容室の頃活躍していた椅子がそのまま使用され、レトロな雰囲気で時間を忘れてゆっくりお食事やスイーツを楽しめます。